『ノーコードで運営!無人のレンタルドレス・ショップ【Empty Dressy】代表 片岡氏に聞く!』サムネイル

ドレスが1週間わずか3,480円!“ノーコード”で構築した24時間営業の「無人レンタル店」の仕組みを、代表自身が語る無料オンラインイベントが4月8日開催

プログラミングを使わないIT開発の支援などを手がけている合同会社NoCodeCamp(ノーコードキャンプ)(本社:東京都稲城市、代表:宮崎 翼)は4月8日(木)、無料オンラインイベント「ノーコードで運営!無人のレンタルドレス・ショップ【Empty Dressy】代表 片岡氏に聞く!」を開催します。LINEやWebflowなど多彩なノーコードツールを駆使して、100パーセント自己資本で黒字化を達成した開発手法を、あますところなくお話しします。

▼ 「ノーコードで運営!無人のレンタルドレス・ショップ【Empty Dressy】代表 片岡氏に聞く!」イベント情報ページ:https://nocodecamp.connpass.com/event/208678/

▼ 「NoCodeCamp」公式ウェブサイト:https://nocodecamp.co.jp/

深夜でも納得のいくまでドレス選びが可能、学生など若い世代でも借りやすい低価格

Empty Dressyは、無人で運営される、東京・渋谷のレンタルドレスショップです。店員を置かないことで、1週間一律3,480円、年中無休で24時間営業、何度でも試着可能という画期的なサービスを提供。急にドレスが必要になった際、前日の深夜でも豊富なラインナップの中から気兼ねなく選べるとあって、好評を博しています。

▼ 「Empty Dressy」公式ウェブサイト: https://www.emptydressy.com/

Empty Dressy の仕組みを支えているのが、ノーコード。コーディング不要でシステム開発ができるとあって、世界的に注目されているツールです。ノーコードを活用することで、100パーセント自己資本かつプロモーションコストをかけずに黒字化を実現。2021年2月にはフルリニューアルを行い、ほぼ全ての過程のノーコードでの自動化が完了しました。

各ノーコードツールのお薦め機能を紹介し、リアルタイムで直接質問も

Empty Dressyの開発手法を知ってもらうことで、サービス開発やアイデアに活かして欲しいと企画したのが本イベント。代表を務める片岡氏をゲストに招き、サービスが作られた背景や、システム構築で得られたこと、実装にあたって苦労したことなどの貴重な話を伺います。

Empty Dressyは、LINE、Webflow、Shopify、RemoteLock、Airtable、Integromatなど、あらゆるノーコードツールを使って開発されたのが特徴。イベントでは、それぞれのツールの実演を交えて話を聞き、各ツールのお薦め機能を紹介するコーナーも設けています。

実施にあたっては、YouTubeLiveを活用。オンラインでノーコードを体験したい人、アプリ開発が好きな人、ノーコードで稼ぎたい人が無料で参加でき、リアルタイムで質問もできる機会を提供します。

<開催情報>

イベント名:「ノーコードで運営!無人のレンタルドレス・ショップ【Empty Dressy】代表 片岡氏に聞く!」

日時:2021年4月8日(木)19時~20時

方法:オンライン(YouTubeLive)

参加費:無料

URL:https://nocodecamp.connpass.com/event/208678/